[REQ_ERR: 403] [KTrafficClient] Something is wrong. Enable debug mode to see the reason. パパが自粛で暇なのでコーヒーを抽出方法からこだわって飲んでみた。その3。 | パパひまブログ。

パパが自粛で暇なのでコーヒーを抽出方法からこだわって飲んでみた。その3。

日常。

どうもみなさんこんにちは。

スーパー銭湯にあるコーヒー牛乳は必ず飲む人です。

飲む時に手を腰に当ててしまう事に理由があるということを某教養番組で知り愕然としました。

[voice icon=”https://papahima-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/41xWkK7utL._SY355_.jpeg” name=”46狗” type=”l”]何にでも理由はあるんだなぁ。

46狗です。[/voice]

 

はじめに。

我が家にあるドリッパーを使っていろいろなコーヒーの淹れ方を楽しんでみる企画の第3弾。

[kanren postid=”556″]

[kanren postid=”590″]

マキネッタサイフォンとそれぞれ癖のある淹れ方を紹介してきたわけなのですが、

ようやくシンプルな淹れ方の紹介になります。今回紹介するのは…

 

ペーパードリップ!

 

[voice icon=”https://papahima-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/41xWkK7utL._SY355_.jpeg” name=”46狗” type=”l”]本当はシンプルな淹れ方から紹介するべきだったのかもしれませんが、

これに関してはかなり説明が長くなってしまうので後回しにしていました。

ということであしからず。[/voice]

 

ペーパードリップといえば家でコーヒーを淹れたい!と思った人が

まず最初に手を出す淹れ方かと思います。

必要機材が安いので初期投資が抑えられ、

手軽に本格コーヒーが淹れられるので初心者でも扱いやすい。

[voice icon=”https://papahima-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/41xWkK7utL._SY355_.jpeg” name=”46狗” type=”l”]そして淹れ方がシンプルな故に奥深く、細かい部分に気を配ることで

より美味しいコーヒーにすることもできるのです。[/voice]

 

まずは必要な機材の紹介から。

  • ドリッパー(サーバーの上にセットしてコーヒー粉を入れる器具。)
  • サーバー(ドリッパーの下に置いてコーヒーを受ける器具。)
  • ペーパーフィルター(ドリッパーのサイズに合うものを選んでください!)
  • ケトル(やかんでも可!でもケトルの方が美味しく出来ますよ!)

 

1.ドリッパーについて。

ここでまずドリッパーについて解説します!

このドリッパーですが、コーヒー豆を入れるだけの器具と思うなかれ。

これだけで種類がいろいろとあり、それによって入れる豆の量や淹れられるコーヒーの量、

コーヒーの味まで変わってきてしまうのです!!

 

・穴の数

ドリッパーにはコーヒーの抽出用の穴が開いており、メーカーによってそれぞれ異なりますが

大体1個か3個が主流になっています。穴の数が1個であればコーヒーが

ゆっくりと流れ落ちるためコクのある濃いめのコーヒーが入り、

3つであればサッと流れ落ちるためスッキリとした薄味の仕上がりになります。

 

・形状

形も台形型と円錐型の2つに分かれています。台形型はドリッパー内の面積が広く、

広範囲にお湯を浸透しながら抽出するためコクのあるコーヒーになります。

それに対して円錐型はお湯がスーっと落ちていくためスッキリした味になるのが特徴です。

 

・素材

ドリッパーは素材も種類が多くあります。細かくいろいろあるのですが、

その中でもメジャーな素材である4種類を紹介したいと思います。

 

  • 陶器製…耐久性があり、長期間の使用に向き。我が家にあるのも陶器製です。
  • 金属製…熱伝導性に優れているので一定温度で抽出ができます。全体的に安定した味で淹れられます。
  • ガラス製…陶器製と同じく耐久性が高いです。
  • プラスチック製…軽量で割れにくく、値段もリーズナブル。扱いも簡単なので初心者向きです。

 

ここまでいろいろと説明したのですが、ここに書いたのは要素の中でもほんの一部です。

[voice icon=”https://papahima-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/41xWkK7utL._SY355_.jpeg” name=”46狗” type=”l”]他にも細かい違いもたくさんあるので、味にそこまでこだわりがない…という方であれば

インテリアなどに合わせてパッと見た時のデザインで選ぶというのでもいいかと思います。[/voice]

 

2.淹れ方。

そしていよいよ淹れ方についての説明に入っていきます。

今回は我が家にある穴1つ・台形型・陶器製のドリッパーを使って入れていきたいと思います!

まずは出来上がり予想の2倍のお湯を沸かします。

[voice icon=”https://papahima-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/41xWkK7utL._SY355_.jpeg” name=”46狗” type=”l”]ここで沸かす量が少なすぎるとうまく淹れられない原因にもなってしまうので注意です。[/voice]

 

その後ペーパーフィルターの準備に入ります。

写真のようにチャック部分(筋入りの部分)を底と横を互い違いに折り、ドリッパーにセット!

 

次にコーヒー豆を入れていきます。

基本的にコーヒー2杯分を淹れる場合にはコーヒー粉20gをセットするのですが、

[voice icon=”https://papahima-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/41xWkK7utL._SY355_.jpeg” name=”46狗” type=”l”]我が家で入れるときは大体目分量です。感覚でわかってしまうのですよ。(ドヤァ[/voice]

粉を入れた後にドリッパーを軽く揺すって粉を平らにします。

[voice icon=”https://papahima-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/41xWkK7utL._SY355_.jpeg” name=”46狗” type=”l”]この作業をしておくことでその後の作業が楽になるので必ずやっておきましょう。[/voice]

 

そしてケトルにお湯を準備し、ドリッパーにお湯を注いでいきます!

1回目は粉全体にお湯が染み込む程度の少量を注ぎ、粉の蒸らしをしていきます。

内側から外側に向かって渦を描くようにそそぎ、20秒程度蒸らしていきます。

よく解説で見る「のの字を書くように」という段階ですね。

 

そしてこの際の注意ですが…

[voice icon=”https://papahima-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/41xWkK7utL._SY355_.jpeg” name=”46狗” type=”l”]ドリップペーパーに直接お湯がかからないようにすること!!

雑味の原因になってしまうので要注意です!![/voice]

 

蒸らしが終わったら2回目のお湯を注いで行きます。

中央で上下させて泡を出してからまた渦を描くように外側に向かって注いでいきます。

そして注ぐ際はケトルの口よりも若干細めに出すイメージで注いでいきましょう!

あまり一気にお湯を入れすぎると粉がドリッパー内で舞ってしまい、

粉がない部分をお湯が通過してしまう為、コーヒーの味が薄くなってしまうので注意が必要です…。

[voice icon=”https://papahima-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/41xWkK7utL._SY355_.jpeg” name=”46狗” type=”l”]急がば回れ。慎重にいきましょう。[/voice]

 

3回目以降は粉の中央が窪んできたタイミングを見計らって泡の層が崩れないように

湯量を減らしながらお湯を注いで行きます。

 

[voice icon=”https://papahima-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/41xWkK7utL._SY355_.jpeg” name=”46狗” type=”l”]大体4〜5回以内で収まるのが理想ですね。[/voice]

 

そして最後に注意が1点!

最後までコーヒーを落としきらないこと!!!

 

最後まで淹れないともったいないよ!と思うかもしれませんが、最後の部分には余分な

えぐみや苦味が残っているので、最後までコーヒーをの落としきってしまうと

それらの余計な味もコーヒーに入ってしまうのです…

[voice icon=”https://papahima-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/41xWkK7utL._SY355_.jpeg” name=”46狗” type=”l”]なので美味しくコーヒーを味わうためにも最後の少しのコーヒーは

もったいないかもしれませんが捨ててしまいましょう。[/voice]

 

そして完成!

 

3.飲んでみましょう。

味としては…

[voice icon=”https://papahima-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/41xWkK7utL._SY355_.jpeg” name=”46狗” type=”l”]とにかく飲みやすい!![/voice]

 

特徴がないとも言えますが、同時にクセも少ないのでそれが飲みやすさの理由になっています!

今回説明した通り一部のポイントだけ注意さえすれば手軽に本格的なコーヒーが

淹れられる手軽さが大きなポイント!

そして我が家では今回エスプレッソ用の豆を使って淹れたのですが、普通に美味しく淹れられました。

このようにどんな豆であってもある程度安定したクオリティで淹れられるのもポイントです!

[voice icon=”https://papahima-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/41xWkK7utL._SY355_.jpeg” name=”46狗” type=”l”]そして今回やらなかったのですが、更に美味しくするポイントをいくつか紹介したいと思います。[/voice]

 

4.更に美味しくするために。

・豆は直前に挽きましょう!

空けて時間が経ったり、挽いてから時間が経った豆だと香りが飛んでしまったり、

酸化してしまうことで味に影響が出てしまうので注意しましょう!

 

・豆は粗めに挽きましょう!

細かく挽きすぎてしまうと、余計なえぐみや渋みが出てしまう原因になってしまうので、

大きめ粒が残る中挽きくらいの粗さが理想です!

 

・お湯は沸騰直後のものを使わず、

少し冷まして85℃くらいになってから注ぎます!

沸騰直後のものを使うとえぐみや苦味が出てしまう原因になるのでこれも注意が必要です!

 

終わりに。

こんな感じで説明してまいりましたが、ここまで3回コーヒーの記事を書いてきて

一番長い記事になってしまいました。

というのも最初にお話しした通りペーパードリップという抽出方法は

シンプルゆえに説明するポイントが多く、美味しいコーヒーを淹れるための説明としては

ここまで細かくならざるを得なかったのです。

 

ですがここに書いた事に忠実に従えばいいというわけでもなく、豆の種類やドリッパーの種類、

使う水が硬水か軟水か…などの細かい要素で味は大きく変わってきてしまいます。

それでも逆に最低限のルールさえ守れば安定したクオリティでコーヒーが淹れられる

自由度が高い淹れ方とも言えます!!

なので自粛期間の今の時間を活用して、自宅で淹れられる最高のペーパードリップの方法を

研究してみるのもいいかもしれませんよ。

[voice icon=”https://papahima-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/41xWkK7utL._SY355_.jpeg” name=”46狗” type=”l”]みなさん、素敵なコーヒータイムを。

ではまた。[/voice]

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました