[REQ_ERR: 403] [KTrafficClient] Something is wrong. Enable debug mode to see the reason. パパが自粛で暇なので普段しない場所を掃除してみた。その2。 | パパひまブログ。

パパが自粛で暇なので普段しない場所を掃除してみた。その2。

日常。

 

どうもみなさんこんにちは。

普段の歩き方の癖が酷すぎて靴を買うと大体半年くらいで

両方のかかとの部分に穴が開いて雨の時洪水になります。

なので靴下のストックが常に鞄に入ってます。

46狗です。

 

はじめに。

パパが普段掃除できない場所を掃除してみた記事の第2弾。

早速やっていきたいと思います。

今回掃除をしたのは…

 

靴掃除!

参照:https://o-dan.net/ja/

 

掃除というよりは洗濯に近いですね。

細かいことは気にしない方向でいきましょう。

 

まず今回靴掃除をするきっかけとなったのは

持っていた靴の中でどうしても足に合わないものがあり、

それをメルカリで出品しようと考えたためでした。

 

使った靴ってメルカリで売れるの!?と思った方。

 

売れるんです。

 

ただ状態や使用回数によっては売れないものもあるため、

購入希望の方との兼ね合いの部分ではあるのですが…

その辺の話はまた後日改めてさせていただきますね。

 

話を本題に戻したいと思います。

 

やっていきましょう。

今回掃除したのは自分のスニーカー3足、

奥さんのスニーカー2足、娘のスニーカー2足の計7足。

よく見るとしっかり汚れてます。

 

まずは風呂桶に50℃前後のお湯を張ります。

 

そしたら前回の洗濯機掃除でもお世話になった…

こいつ!!

 

写真は使い回しではありません。

同じ場所で撮ったら、たまたま似たような構図と光の入り方になってしまっただけです。

お許しください。

 

こちらをお風呂に溶き、その中にスニーカーを入れます。

その後1時間ほど漬け置き。

 

漬け置き後。

漬け置きが終わったら歯ブラシで汚れを擦っていきます!

ガンコ汚れも漬け置きしていた水をバケツや桶に取り、

その中で根気よく擦ると落ちることがあります!

自分は今回7足で2時間半ほどかかりました。

 

そしてその際注意してもらいたいのが、

 

歯ブラシ以上に硬いブラシで擦らないこと!!

 

とにかくガンコな汚れだと擦っても擦ってもなかなか落ちてこないので

ついつい硬いブラシを使いたくなってしまう気持ちはとてもわかります。

でも必ず後で後悔します。

 

硬いブラシを使えば確かに汚れは早く落ちるのですが

その際に布の部分を痛めてしまったり、靴のゴムの部分だと細かい傷がついてしまい、

洗い終わった後に履いた際に今よりも汚れやすくなってしまうのです。

大切な靴なら、より長く履ける方かいいですよね。

 

そして汚れが取れたらシャワーなどで全体をすすぎ、

洗濯機で脱水をかけます。その際は洗濯ネットに入れるのを忘れずに。

入れ忘れると靴が大暴れして洗濯機は壊れるわ、靴は大ダメージを負うわで

せっかく洗ったのが台無しになってしまいますよ!!

 

その後日光や乾燥機で乾燥させて…

完了!!

 

なかなか落ちなかったところもあったので

劇的に!!というわけにはいかなかったのですが…

それでも掃除前と比べると確実に綺麗になったと思います。

 

終わりに。

こまめな洗いが大事なのだなぁと思った今回。

また次回も近いうちにやろうと思います。

もっと劇的に落ちる方法があればそれも実践してみたいですね!

今度こそちゃんと真っ白にしたい…

ではまた。

 

P.S. 今回靴の乾燥に使った乾燥機がこちら。

元々は布団乾燥機なのですが、我が家では洋服を乾かしたり

今回のように靴を洗った際などにも活用しています。

乾燥機があると、気候を気にせずに靴を洗えるのでオススメですよ!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました